30歳後半でミュゼデビュー

脱毛するのは「自分で収入が出来て比較的若いうちに」というイメージがありましたが、痛い!高い!という話を良く聞く年代でした。
しかし光脱毛が登場してから、脱毛へのハードルがグンと低くなったように思います。
数社が競うように値段も安くなり、以前よりも脱毛の際の痛みもかなり軽減されたのは本当に大きな要因の一つなのは間違いないところでしょう。
ママ友との会話の流れで、子供が入園してから実はミュゼに通っているというママが結構多いことを知りました。サロンに子供を連れては行けないからです。宣伝を見聞きして興味を持っても、いざ実際に通うとなると迷うものですが、その点、周りのママ友から料金や雰囲気、仕上がりの感じなどの話を聞けるとますますハードルは下がります。私も通い始めました。ミュゼは接客も丁寧で清潔感もありました。全国に店舗展開されているのは、転勤族には安心感があります。転居先でも通い続けられるので…
施術の際に使うジェルはとても冷たく、季節によっては拷問のようでもあります。しかしだんだんとお手入れも楽になっていく肌を感じると我慢も出来ます。やはり脱毛の痛みについては、初めの頃、特に毛の太いところが痛みも強いけれど我慢出来る痛さです。回数を重ねれば痛みも小さくなっていきます。子供、特に女の子だと成長と共にお手入れを怠っていると色々言ってきます。私がミュゼに行く大きなキッカケだったのですが、ミュゼでスタッフの方と施術中にお話をしていたら、私と同じ理由で通い始めるママが多いとも聞きました。皆さん、子供にとって綺麗なママでいようと努力しているんだなぁと感じます。今は小学生の低学年でも、お手入れをしていないと揶揄われる対象となる時代です。当分はシェーバー使用で、もう少し大きくなったら脱毛サロンに通わせてあげようと考えています。